自由で中毒性のあるゲーム、太閤立志伝5

コーエーが出したパソコンゲームの中に「太閤立志伝5」というゲームがあります。このゲームは、架空の戦国の世でいち個人として生きるというゲームなのですが、これがカオスかつ非常によく作りこまれていたので、寝食を忘れてはまってしまいました。

このゲームの凄いところは、戦国武将として天下統一のために戦うだけでなく、忍者の頭領になって色々な裏工作をしたり、大商人になって大大名のスポンサーになったり、剣豪として各地を武者修行したり、千利休のように茶人として生きたりと、本当に色々な生き方が出来るところです。

ただ武将として戦うだけならすぐに飽きがきますが、色々な進路があるので、(しかも戦国武将プレイだけでも色々な事が出来て面白いので)何十周もプレイできます。慣れれば1周クリアにそこまで時間はかかりませんが、時代を変えて職業を変えてプレイできるので、飽きがきません。しかもパソコン版にはイベントスクリプターというものがあり、これを使うと歴史イベントを作ったり増やしたり出来るので、さらに面白くなります。なのでやめ時がなく、どんどんはまっていきました。

そうなったことで特に不都合はなかったのですが、何もしてないときでもゲームのことを考えるようになってしまいました。家に帰ったらまずあの城を攻めてここをこうして、とゲームをしていないときでも脳内で太閤プレイをしてしまうほどです。

それくらいこの太閤立志伝5にははまらせてもらいました。6が出たら、また寝食を忘れるほどにはまってしまうでしょう。

太閤立志伝シリーズは、「歴史シミュレーションモノ」の老舗メーカー、「コーエー」です。コーエーのゲームは史実に基づいてしっかりと造られているので面白いし勉強になるのですが、ゲームの値段がとにかく高い!

一つのソフトで1万円超えとかも普通です。ですので、給料日前の発売とかだと手持ちがないのでアメックスのカードで買ったりしてますね^^;本当は丘陵はいるまで我慢すればいいのでしょうけども。

Published by user1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です